プロフィール♪

プッチの外為日記

Author:プッチの外為日記
はじめまして・・・
株初心者の日記形式のブログです♪少ない投資金額でどこまで成果を出せるか? +日々の生活を綴っていきたいと思います。

都内で派遣社員をしています。今の仕事は”派遣”なのになぜか丸8年を更新中!・・・単調な日々に少しの刺激と、少ない資金でどれ位の成果が出せるのか!?を目標に株取引をしていきたいと思っています。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

2007年日本株全体はどうなる!?(『株』データブック)

昨日、ダイヤモンド社の『株』データブック2007年新春号が届いたと書きましたが・・・
前(秋号)に『06年後半日本株大予測!』という予測を3人の方がしていたんですが・・・今回も同じ人が『2007年日本株全体はどうなる!?を予測しているので、その内容をちょっと抜粋してみます。(因みに秋号の記事はこちらです)。

*******************************************************
菅下清廣さん(強気派!)<スガシタファイナンシャルサービス代表>
”年初はまだ低空飛行が続くが、4月以降は上昇トレンド
   
現在の相場の勢いのなさは、07年度の景気減速を織り込んでいるから。安倍首相になって⇒改革が減速するのではないか?という印象デフレ懸念が再燃している事もマイナス。
ただし、春以降は08年度からの景気改善を織り込む相場になり、そうなれば相場のムードも一転して改革推進・デフレ後退を歓迎するものになるでしょう。    
日経平均をテクニカル的に見ても・・・
03年4月~04年4月まで⇒上昇第1波
その後1年間の調整を経て・・・
05年5月~06年4月まで⇒上昇第2派
このことから今回の調整も1年とすると、次の上昇第3派が始まるのは?
早くて07年4月⇒上昇第3派??
07年後半には1万8000円~2万円の高値をつけるのではないか
ただし、上昇第1派、上昇第2派がそれぞれ1年で60%上昇したのに対し、上昇第3派は少しペースは落ちるかも。長くてゆっくりした上昇相場を予測。
新興市場は下げが予想以上に深いので戻りも鈍い可能性が高い。

注目するセクターは
内需関連株。都市再生関連など不動産株が上昇するでしょう。IT・ネット関連は傷が深く、当面は戻り売りの展開に。

*******************************************************
武者陵司さん(強気派!)<ドイツ証券副会長・CIO>
”米国の景気拡大を受けて日経平均は年末に2万円も!
   
長期的にはグローバルな景気拡大を背景にして日本の景気も拡大し、株価も上昇トレンドが続くと考える。06年半ばより調整したが、これは米国景気の踊り場を織り込んでの事。一時的な調整で07年は再び上昇トレンドとなるでしょう。
多くの人は米国景気はいよいよ失速するのではと考えている。確かに米国のGDP伸び率は2%から1.6%に落ち込む場面も見られたが、住宅以外の経済指標全て好調に推移している。労働取得が堅調に増えている事、原油価格が落ち着きを見せている、金利が低位で安定している事をみると07年3月~4月には再び米国の景気は加速するでしょう。
こうした理由から、日経平均は07年末に2万円を目指す展開に。

注目するセクターは
銀行などの内需関連やグローバルで活躍する国際優良株を引き続き注目している。

*******************************************************
北野一さん(弱気派!)
日米ともに景気が減速し株式相場も下落基調が続く!”
   
参考としている指標の1つに、月例経済報告の基調判断がある。06年11月に内閣府はその基調判断を下方修正してきた。98年以降の株価と月例経済報告の関係を見ると、一旦下方修正されると、下げ相場が最短で6ヶ月、平均で13ヶ月続く事が分かる。
このことから、少なくとも来年前半の株式相場は弱含みの推移になると予測。現在の株式相場には06年前半にみられた割高感はないので今後の株価は業績をどう読むかにかかってくる。
日本の企業業績は生産動向と密接な関係にある。その生産に先行する出荷在庫バランスは8月にピークをつけて悪化中。来年前半の生産・企業業績ともマイナスに落ち込む危険がある。
またこれまで景気を牽引してきた輸出・設備投資にも減速の兆しが出てきました。また来年は史上最安値まで下げた実質円相場が上昇に転じる危険性もある。

注目するセクターは
景気減速と円高の悪影響を受けない内需関連で、かつデフェンシブな銘柄に投資するべきではないか??


・・・との事です。
今回、注目セクターについては皆”内需関連株”をあげてます。
3人の意見は全く違うのであまり参考にはなりませんが・・・色んなパターンがあって自分の都合の良い方向だけを考えるのではなく最悪なシナリオも常に頭に入れておいた方がいいって思えることは結構重要なことだと思います。盲目的になると損失も大きいと思いますし・・・。それに絶対なんて事は有り得ないというか明日どうなってしまうかなんて分からないですからね。
まぁ私的にはそこまで弱きには考えてないんですけど・・・
07年どうなるんでしょうか??

そういえば証券税率が1年先送りになりましたよね
これであと2年は10%の税率でいいんだぁ!!と思うと、かなり気が楽になりました。株を始めてから1年足らずでまだまだ初心者なのでなるべく長い期間税率を下げたままで利益を出したいです。
この証券税率も今後のプラスな要素だと思うので・・・(期間限定ですが・・・)強気!とまではいきませんが少しずつ上昇していってくれると考えてます


*ブログランキング*参加してます 応援クリックヨロシクお願いします
   


20051230183716.gif
トプログ
Money Blog Ranking
スポンサーサイト



2006-12-17(Sun) 02:00| 株<本>| トラックバック 0| コメント 1

コメント

ランキング登録をお願いします!

新しく投資専門のブログランキングはオープンいたしました。
オープンしたばかりですので、ランキング上位も狙えます。
是非、ご登録いただけますようお願いいたします! 

2006-12-17(Sun) 18:06 | URL | Kabuoonブログランキング #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://putti123kabu.blog43.fc2.com/tb.php/162-8a3a6856

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1447位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
463位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

証券会社<オススメ>

☆E*TRADE証券☆


☆マネックス証券


☆カブドットコム証券☆

★証券会社★

★ かざか証券 ★

☆ FX ☆

◇ヒロセ通商◇


◇トウキョウフォレックス◇

      

ネットバンク

◆ジャパンネット銀行◆         手数料無料の即時入金先証券会社⇒E*トレード証券・楽天証券・松井証券・マネックス証券・オリックス証券・リテアクレア証券・カブドットコム証券ナド!!便利なネットバンクです。

株の本

リンク

■紀伊国屋BOOKWEB■

      紀伊國屋書店が運営する総合オンライン書店!! 和書・英・米・独・書を始め、DVD・海外マガジンの取扱有り!! DVDは10%OFFで販売中!!

Blog内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

スポンサーリンク

********************* *********************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。